赤ちゃん子供の蚊や虫除けの安全対策!ハーブにハッカ油スプレーの作り方

公開日:2015年5月7日

[害虫駆除対策, 生活・ライフスタイル, 蚊や虫よけ]

どうも~こんにちは、管理人のコタローです。

 

気温が高くなってくる頃合いは
そろそろ夏の季節・・

夏は暑いしジメジメするし汗をかくし・・・
と結構苦手な人もいるかもしれません。

 

そしてこの時期気になるものの
代表の1つが多分
「蚊や虫除け」などの対策法。

毎年毎年嫌になりますよね~。。

 

特に蚊ですよ、蚊!

 

刺されたら痒いし寝る時に
耳元にいるだけでうっとおしいのに

いざどうにかしようとすると
なかなか見つからない。
経験皆さんもありますよね(苦笑

 

それに子供や赤ちゃんは
体温が高いので余計狙われやすいです。

お子さんを蚊や虫などから保護するためには
虫除け対策は重要です。


「Sponsored link」

今回はそのあたりの蚊や他の虫などの
虫除け対策になる方法をいくつか
紹介していきたいと思います。

ではいってみましょうかね。

 

子供や赤ちゃんの蚊や虫除け対策!ハーブにハッカ油スプレーの作り方

市販のスプレーはあまりよくない?

虫除け対策なら市販の虫除けスプレーで
事足りるのでは?とお考えかもしれませんが

市販のスプレーは赤ちゃんや子供に
使用するのはあまり良くないとされています。

 

市販のスプレーの主成分は
「ディート」と呼ばれる危険性の高い
農薬だそうで

強い突然変異性に遺伝毒性などを
持っているともいいます。

 

これらを含む成否を赤ちゃんや
乳幼児に使用する場合は必要な場合に限り
使用し、顔には使用しない事。

 

・6ヶ月未満の乳児には使用不可

・6ヶ月~2歳未満は1日1回
 2歳~12歳未満は1日1~3回

 

と、こんな感じで制限が設けられています。

こういった制限があることも
知りませんでした;;

 

子供や赤ちゃんがさされやすい理由として

主に子供や赤ちゃんが
蚊などに刺されやすい理由としては

 

・体温が高い

・そのため代謝が高く汗を
 かきやすいのでその汗に反応して寄ってくる

・蚊は二酸化炭素に反応する性質をもち
 子供や赤ちゃんは呼吸数が多いので
 狙われやすい

 

などなどこうした理由があげられます。

 

あとO型だったり色黒だったりなども
狙われやすいとされていますね。

まあそうだったとしても刺されにくい人も
いるので体質によるものかなと思われます。

 

 

スプレータイプの殺虫剤は
正直赤ちゃんや子供が寝ている場所などで
使いたくないですよね。

あと先述したとおり6ヶ月未満のお子さんの場合
ディート成分の含まれている
虫除けスプレーなどは使用できません。

 

そのため、使用するなら赤ちゃんでも
問題なく使用できる安全性の高いハーブや
ハッカ油スプレーなどの方法がおすすめです。


「Sponsored link」

赤ちゃんや子供の蚊などの虫除け対策で安全な方法など

「蚊帳を使用する」

蚊帳と聞くとどうもとなりのトトロで
お父さんが蚊帳を設置していた
あのシーンを思い出します(笑

蚊帳は蚊や他の虫を通さないだけでなく

 

・エアコンなど冷房の風が直接当たらず
 しかし冷気はしっかり通す

・体感温度が低くなる

・狭い空間になるけど
 それが胎内にいるようで落ち着く

 

など夏の時期には
嬉しい効果が含まれています。

 

最近の蚊帳は吊るす以外にも

ワンタッチ式でドーム型に広がるものや
ベビーベッドにしっかり
収まるようなタイプなどもあって

ヴァリエーションや
デザインなども豊富なようです。


「ハッカ油スプレーを手作りする」

こちらは「ハッカ油スプレー」を
手作りする虫除け対策法です。

ハッカ油は天然成分なので
赤ちゃんやお子さんにも安心して使えますし
蚊、ハチ、ハブなどの虫除けにゴキブリ対策。

それに暑さ対策にも使えます。

 

赤ちゃんって色々口に含む傾向にありますから
スプレーした箇所を舐める恐れもありますよね

ハッカ油スプレーなら仮に
舐めても安心なのでおすすめです。

 

作り方としては

・水 90ml

・無水エタノール 10ml

・ハッカ油 20滴ほど

これらをスプレー容器に入れて
振って混ぜれば完成です。

 

ポリスチレン表示の容器は溶けるので
そこは注意が必要ですね。

遮光性のあるガラス瓶などに入れて
保存しておきましょう。

だいたい1週間くらいで
使い切ってしまいたいところです。

 

肌につける場合は先に手先などにつけてみて
問題なさそうなら顔などにも
ちょこっとつけていきましょう。

洋服、ベビーカー、ベビーベッドなどに
吹き付けるのも効果的です。


「ハーブなどを活用する虫よけ対策」

あとはハーブなどを活用して
虫除け対策する方法もありますね。

 

ハーブの「ゼラニウム」や
「ラベンダー」「ローズマリー」などは
昔から虫除けの効果があるとして

アウトドアなどで活躍してくれているようです。

20150506-01

まあしかし、手近にいつもこうした
生のハーブを持っているご家庭も
なかなかないと思いますので

 

・ゼラニウム ・ラベンダー ・ローズマリー
・ユーカリ ・レモングラス ・シトロネラ

 

などのアロマオイルを活用して
虫除けスプレーを作る方法もありますね。

 

作り方としては

・無水エタノール 5ml

・精製水 45ml

・お好きなアロマオイル 10滴

アロマオイルは上記の精油を
10滴になるようブレンドしましょう。

 

ちなみに蚊に効果が高いのは
シトロネラのアロマオイル。

ただ、シトロネラ単体だとちょっと香りが
独特なので他のアロマと組合せて
ブレンドするのがいいでしょう。

これらの材料をスプレー容器に入れて
よく振って混ぜれば完成となります。

 

アロマスプレーは持続性は
そんなに高くないのでこまめに
スプレーしていくことが大事です。

 

今回のまとめ

はい、というわけで今回は
夏の時期の赤ちゃんや子供の虫除け対策で

市販のスプレーを使わない手作り出来る
ハッカ油、ハーブのアロマスプレーの
作り方などを紹介していきました。

 

やっぱり自分の子供には
安全な方法を使っていきたいですよね。

夜寝る時などやお出かけの際にも
これらの手作りスプレーは
活躍してくれそうです。

 

どうぞ参考にしてみてください。

ではでは、今回はこれにて失礼致します。
また次回に~~。


「Sponsored link」


ピックアップ関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ