パンナコッタとプリンにババロアの違い!カロリーが低いレシピは?

公開日:2015年9月14日

[○○の違い, 手作りお菓子・デザートレシピ, 料理, 料理レシピ, 生活の雑学・トリビア, 生活・ライフスタイル, 言葉・用語の使い方, 食材の雑学ネタ]

こんにちは、管理人のコタローです。

 

自分割と甘いものは好きなタイプで
自分で色々と作ったりするんですけど

作っていると色々似たような
お菓子出てくるんですよね。

 

その中でも作る前までいまいち違いが
分からなかったのが

「パンナコッタ、プリン、ババロア」

このあたりの違いについてです。

 

どれもなんとなく似ているようで
それでも名前が違うから
やっぱり違うものなの?

と考えた事もありました。

 

あとカロリーの数値など
太りやすいものがどれなのか
ちょっと気になてっている人も
いるかもしれません。


「Sponsored link」

そこで今回はパンナコッタ、プリン、ババロア
それぞれの違いについて書いていって
みようかなと思います。

では、いってみましょー。

 

パンナコッタとプリンにババロアの違い!カロリーが低いのは?

ではそれぞれの違いについて
材料や固め方など見ていってみましょう。

「パンナコッタ」

「材料」
生クリーム 牛乳 砂糖

「固め方」
ゼラチンを入れて冷蔵庫に

「発祥国」
イタリア

「プリン」

「材料」
卵液 牛乳 砂糖

「固め方」
卵の熱凝固作用で
蒸し器やオーブンなどで固める

「発祥国」
イギリス

「ババロア」

「材料」
生クリーム 卵 牛乳 砂糖

「固め方」

生クリームは泡立てて
ゼラチンで固める

「発祥国」
フランス

はい、ざっとこんな感じで異なっていたります。

 

1つ1つ見ていきますと
パンナコッタは材料に

「生クリーム 牛乳 砂糖」
これらを加熱してちゃんと混ぜて溶かしたら
そこに「ゼラチン」を入れてよく混ぜていきます

そして粗熱が取れたらカップなどに注いで
冷蔵庫に冷やしていくわけです。

 

イタリア語では

「生クリーム(パンナ)を煮た(コッタ)」

という意味でまさしくそのままな名前が
お菓子の名前としてついている事になります。


そしてババロアですけど
材料と固める方法もパンナコッタと
ほぼ同じように見えますが

パンナコッタが生クリームを
他の材料と一緒に煮立てて
混ぜ込んでいくのに対し

 

ババロアは先に八分立てくらいに泡立てておき

混ぜ込んだ卵、牛乳、砂糖に
ふやかしたゼラチンを入れて
そこに泡立てた生クリームを入れて

冷蔵庫で冷やすといった手順になります。

 

更に似たようなスイーツに
「ムース」があったりしますけど

そっちは凝固剤などを使わないで
自然に固めたものなので
やっぱりババロアとは違うようですね。

 

ババロアはバヴァロワとも書き
フランス語において「バイエルンの」
という意味を指します。

当時のドイツのバイエルン王国の
貴族のためにフランス人シェフが
考案したスイーツだったといいます。


そしてプリン。

材料に「卵 牛乳 砂糖」を使用し
卵自体の熱凝固作用をもって固めていきます。

オーブンとか蒸し器によってですね。
似たような食べ物で茶碗蒸しとかあります。

 

ただ、最近のプリンには
ゼラチンやあまつさえ寒天で固めたりする
プリンもあったりして

プリンの定義は随分と
広くなっているような感じがします。


一応こちらまとめておきますと

 

「パンナコッタ」
生クリーム 牛乳 砂糖 を使用し
ゼラチンで固めたもの

 

「プリン」
卵 牛乳 砂糖を使用し
卵自体の熱凝固作用で固めたもの

 

「ババロア」
生クリーム 卵 牛乳 砂糖 を使用し
生クリームは泡立てて

混ぜ込んだ卵 牛乳 砂糖に加えて
ゼラチンによって固めたもの

 

こういった違いになるわけです。

ほんのちょっと材料違ったり
途中の工程が違うだけで
こうも名前が異なるものなんですね。


「Sponsored link」

カロリーが低めなのはどのお菓子?

昨今卵が入っていないプリンとか
カロリー低めのババロアとかあったりで
一概にはカロリー特定はできませんけど

普通の製法で作っていった場合は
それぞれのカロリーは以下のように
なるみたいです。


「それぞれ100g中」

パンナコッタ・・・240kcal

プリン・・・126kcal

ババロア・・・218kcal


とりあえず圧倒的にカロリー高めなのは
「パンナコッタ」ですね。

 

まあカロリーが高めになる原因は
やはり生クリームのようで
更に脂質もそこそこ高めなので

ダイエット期間中に普通のパンナコッタを
食べるのはちょっとやめておいた方が
いいかなと感じます。

 

まあそのあたりはババロアやプリンにも
言えることではありますが・・・

白米100gのカロリーが
「168kcal」であることを考えても

生クリーム使用のパンナコッタとババロアは
やっぱりカロリー的に多いんだなぁと
感じますね。

 

カロリーオフで作っていく場合は・・・?

カロリー的に高めなスイーツと言っても
やっぱり食べたいときは食べたいもの・・
でも太るのは嫌だ。

 

そういった場合は使用材料を
他のものに置き換えて作っていく
パターンがありますね。

ここでいくつかカロリーオフなレシピを
紹介しておきます。

 

20150908-04
出展:http://cookpad.com/recipe/2228108

⇒⇒⇒豆乳のパンナコッタ

 

20150908-05
出展:http://cookpad.com/recipe/2530284

⇒⇒⇒カロリーオフ!の牛乳プリン

 

20150908-06
出展:http://www.bob-an.com/recipes/detail/71115

⇒⇒⇒低カロリーババロア

 

どのレシピも牛乳や砂糖
豆乳、カロリーオフタイプの砂糖に切り替えたり

卵を使わず牛乳を、生クリームは使わず
ヨーグルトをといった具合に

カロリー高そうな材料の部分を
ほかの低カロリー材料に置き換えたりと
しています。

 

あとはゼラチンの代わりに寒天を使って
更にカロリーオフにしたりと
色々な工夫があります。

 

市販のパンナコッタや
プリンだとカロリー気になるなーといった場合は

こうした低カロリー材料などを使って
作っていってみるのもいいのではないでしょうか

 

今回のまとめ

はい、今回はパンナコッタとプリン
そしてババロアのそれぞれの製法の違いや

カロリーとカロリーオフレシピなど
見ていきました。

 

あとプリンの仲間で
ミルクプリンってありますけど

あれ材料がパンナコッタと同じく
「生クリーム 牛乳 砂糖」
固める時にはゼラチン使用なんですよね。

 

そうなるとパンナコッタとミルクプリンって
もう同じものと考えていいんじゃないかとw

 

こうした製法の違いなどで
名前が変わったりするあたり

スイーツの名称ってなかなか
面倒くさいんだなーと思ってしまいますね。

 

ちょっとした雑学知識として
頭の片隅にでも留めておいてください~。

ではでは、今回の内容は以上です。
また次回にお会いしましょう~。


「Sponsored link」


ピックアップ関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ