二日酔いの口臭に体臭対策!酒臭い原因に匂いを消す方法は?

公開日:2015年9月21日

[オーラルケア, 二日酔い, 健康・医療, 全身にわたる不調, 口臭予防・対策, 病気・症状, 美容・ビューティ]

こんにちは、管理人のコタローです。

 

さて、徐々に気温も下がってきまして・・
こんな調子だと冬もすぐそこ。

そんでもって年末の忘年会とか
新年会とかお酒を飲む席も
すぐにやってくることでしょう。

 

二日酔いの時の予防策ももちろん大事ですけど
飲んだ後で気になる事といえば

お酒を飲んだ翌日の二日酔いにともなう
口臭に体臭。

まあ俗にいう「酒臭い」というやつです。

 

明日大事な会議が・・とか
彼女に会うのにこんな酒臭いのまずい・・

といった感じに
割と困った状況を引き起こしてくれます。


「Sponsored link」

今回はそうした二日酔いによる
酒臭い状態を解消する方法について
紹介していけたらと思います。

ではでは、早速見ていってみましょうか。

 

二日酔いの口臭に体臭対策!酒臭い原因に匂いを消す方法は?

そもそも酒臭いってどういう状況なの?原因は?

二日酔いの状態で
まだ体の中にお酒が残っている感覚・・・

 

自分の匂いはなかなか気づきにくいものなので
面と向かって言われなくても

自分のいないところで臭いの事について
いわれていたらと考えると

なんだかすっごい憂鬱な気分になりそうです。

 

そもそもこの「酒臭い」って
どういう状況なんでしょうか。

 

お酒を飲むとアルコール発汗の作用で汗をかき

そのアルコールは肝臓で
有害物質のアセトアルデヒドと酢酸へと
分解されます。

 

普通程度の量なた特に問題ないわけですが

お酒の量が大量になってきますと
肝臓の方で分解しきれなかった残留アルコールが
アセトアルデヒドになり血中にも溶け込みます。

そうなると肺から臭い成分となり放出され
酒臭い臭いが口臭となったり

アルコールの発汗作用で更に汗をかいて
汗臭く体臭もひどい状況になっていくわけです。

20150920-12

そしてなんの対策もしないで
そのままにしておくと

体の中にアルコール残ったままなので
二日酔いの状態にプラスして
口臭に体臭が残って「酒臭い」状態になる。。

こういったメカニズムだったわけですね。

 

つまりこの状態の対策には
以下の点に注目していく必要があります。

 

・肝機能の能力を高めて体内に残っている
 アセトアルデヒドを分解する。

 

・アルコールそのものを体外に排出する。

 

・アセトアルデヒドの悪臭成分の消臭、無効化

 

このあたりの解決策が考えられます。

 

では具体的にどういった方法があるか。
そのあたりもうちょっと詳しく
見ていきましょう。

 

二日酔いの時の口臭に体臭対策、匂いを消す効果的な方法

「1・大量に水を飲む」

お酒を飲んだ後お冷頼むこと
多いと思いますけど

あれ酔いを覚ます以外にも
ちゃんと理由あったんですね。

 

お酒を飲みますと利尿作用からトイレが
近くなって何回もトイレに立つように
なりますけど

当然その分体内の水分量は減っていきます。

 

そうなると口内の唾液分泌量も減って
いってしまいます。

 

唾液には口内を綺麗にする自浄効果や
抗菌効果などがあり
口臭を予防してくれているといいますので

つまり口内の唾液量が減っていくと
その分口臭がきつくなるという図式が
出来上がるわけです。

 

 

あと体内の水分量が少なくなると
体内のアルコールを体外に
排出しにくくなりますので

水を飲まないとやっぱり
酒臭い状態が続くことになります。

 

お酒を飲んだあとは飲んだお酒と同等か
それ以上の水やお茶などを飲んで
水分補給することをおすすめします。

水に加えて口臭予防効果のある
カテキンたっぷりの緑茶など飲んだりすると
より効果的でしょう。


「2・飲み会前、飲み会中にトマトや柑橘系飲料」

飲み会前や飲み会中に
トマトの入ったカクテルを飲んでおくと

トマトの水溶性成分が
肝臓にあるアルコール分解酵素の活性を高めて
分解速度を高めてくれたり

 

柑橘系などの酸っぱい飲み物を
飲み会後に飲んでおくと

オレンジジュースなどに
含まれている果糖やビタミンCが

アセトアルデヒドの分解速度を
早めてくれるようです。

 

トマトの入っているカクテルって
「レッド・アイ」とかですかね。

食後のオレンジジュースも確かに
酸味があってすっきりしそうな印象はあります。


「3・リンゴやグレープフルーツに柿など」

まずリンゴ。
リンゴにはワインなどで有名な
ポリフェノールが豊富に含まれていまして

20150920-14

更にリンゴにはビタミン
クエン酸なども含まれていて
これらはアルコールを分解する作用もあります

 

 

次にグレープフルーツ。
さっきの柑橘系ジュースのところとにてますが

グレープフルーツの
「フルクトース」という果糖が

アセトアルデヒドを水と二酸化炭素に
分解するサポートをしてくれます。

 

水と二酸化炭素なら
二日酔いの心配ないですよね。
果汁100%のグレープフルーツジュースでも
同様の効果は望めるようなので
試してみる価値はあるでしょう。

 

 

次に柿。
柿の渋味成分の「タンニン」や「ペクチン」には
胃の粘膜を保護してアルコール吸収を
妨げる効果があります。

加えて口臭、体臭の原因にもなる
アセトアルデヒドの分解促進を
促してくれるんですね。

 

ちなみに柿って意外かもですが
ビタミンC含有量が果物の中でも
トップクラスなんですよね。

この点もアルコール分解に
大きく貢献してくれます。

 

一番オーソドックスなのはリンゴですかね。
スーパーとかで安く売っているのは

グレープフルーツだったりもするので
そこはお好みで決めてもらって大丈夫です。


「Sponsored link」


「4・シャワーやお風呂に入る」

とりあえず飲み過ぎた朝は
シャワーかお風呂に入っておきましょう。

血行促進でアルコールの分解を高めて
汗もかきますので、その分アルコールの
排出作用が高まります。

 

寝ている時にかいたお酒臭い汗も
一緒に洗い流せます。

あと寝ている間に結構水分出ているものなので
朝ひとまず水を1杯飲んでから入るといいでしょう

体の中の体臭対策はこれでOKですかね。


「5・朝食には発酵食品などを」

お酒を飲んだ翌朝に
食べておくといい朝食としては

 

「カフェインを含むもの」
・緑茶 ・コーヒー チョコレート

 

「良質なタンパク質」
・チーズ ・ヨーグルト ・豆腐

 

「ビタミンCを含むもの」
・いちご ・みかんなど柑橘系 ・キウイ

 

お酒を飲み過ぎた翌朝は
あまり食欲がわかないかもですが

せめて果物入りのヨーグルトだけでも
食べておくと随分違うはずです。


「6・お酒を飲む前にウコンを飲んでおく」

アルコールを飲む時の定番の「ウコンの力」
あれを飲み会前に飲んでおくことで

有効成分のクルクミンが肝臓の機能を
活性化してくれるのでアセトアルデヒドの
分解速度を早めてくれます。

 

食後でも効果はもちろんありますけど
どちらかというと食前に摂取した方が
効果は高いようですね。


あと、言うまでもないと思いますが
帰宅したら歯磨きをするのもお忘れなく。

 

口の中に食べ物のカスや
アルコールが付着している状態で
そのまま朝を迎えると

通常の状態でも朝の口臭はきついものがあるのに
更に口臭がひどくなりますよ。

 

今回のまとめ

はい、今回は二日酔いの時の
口臭に体臭の対策。

酒臭いの原因や匂いを消す方法
などについてお送りしていきました。

 

年末年始など特にお酒を飲む
機会とか多くなってきますので

口臭や体臭などの対策は
しっかりやっておきたいところですね~。

 

まあそもそも飲み過ぎなければ
そんなに問題はないはずなので

お酒の量もほどほどに
しておきましょうね(苦笑

 

それでは今回の内容は以上です。
また次回によろしくお願いします。


「Sponsored link」

引き続きアルコール関連で
酒で顔が赤くなる理由などについても
どうぞご覧くださいませ。

⇒⇒⇒酒で顔が赤くなる理由に赤くならない方法!ガンになりやすいのは?

 


ピックアップ関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ