車のフロントガラスはなぜ凍る!凍結防止や原因に解決対策方法

公開日:2015年11月12日

[フロントガラスの凍結, 凍結対策, 季節・気象対策, 生活・ライフスタイル]

 

こんにちは、管理人のコタローです。

 

朝の時間は結構貴重だと思うんですけど

冬の超寒い日に
朝早くに車などで出勤する人の場合

 

かなり困るのがフロントガラスの凍結!

 

早朝から仕事の人からしてみれば
相当迷惑な話ですよね~。

凍っている氷をどうにかするのに
余計に手間取ってしまいますし
貴重な睡眠時間を削られますし・・


「Sponsored link」

今回はそうした冬の時期の
車のフロントガラスは何故凍るのか?

そのあたりの原因と凍結を防止する
解決対策方法など見ていきたいと思います。

では早速いってみましょー。

 

車のフロントガラスはなぜ凍る!凍結防止や原因に解決対策方法

そもそも車のフロントガラスが凍るのはなぜ?

最初に車のフロントガラスが
凍結してしまう原因についてですけど

結論から書いてしまうなら
「放射冷却」が原因となります。

どこかで聞いた言葉ですよね。

 

通常、雲などがあったりする天気ですと
地球の地上から発散する熱、エネルギーを
雲が吸収していきます。

雲はその吸収したエネルギーを
地上に向けて放射するので

地表面の温度は若干上がり
下がりにくい状態になります。

 

しかし、これが雲もない快晴で
夜にも雲がない場合ですと

地上の熱は雲による吸収が起こらないので
宇宙へと放射されていきます。

 

そして雲からのエネルギー放射がないので
気温は下がりっぱなしな状態に。

 

結果、晴れている時の方が
翌日の冷え込みが厳しくなるんですね。

なんか不思議に感じる話ですけど。


そのものすごい冷気に満ちた翌朝は
空気中の水蒸気が窓に張り付き
一気に凍りつきます。

これが俗に言う「窓霜」と呼ばれるやつ。

 

あと湿度が高く
空気中の水蒸気量の含有率が高くなると
気温が下がった時に霜として降りてきます。

そしてこの霜が窓などに降ってきて
更に冷気によって凍りつき・・

といった具合にフロントガラスが
凍っていくわけです。

 

なので屋根の下やガレージなどに
入れておけば基本凍りつくことはないはずです。

 

住んでいる場所によって
フロントガラスの内側が
凍りつくこともあるようですが

 

その場合車を降りる数分前から
ヒーターやエアコンの風の吹き出す位置を

デフロスト部分から別の場所に移動しておき
デフロストから風が出ないようにすると

若干軽減されるようです。

 

車のフロントガラスの凍結した時の解決止方法など

はい、そして車のフロントガラスが
凍った時の解決方法について。

最初に書いておきますけど

 

「熱湯をかけるのはNG!」です。

 

熱湯をかけた場合フロントガラスを
急激な温度変化で傷めてしまいますし

小さい傷がある場合
そこから割れてしまう可能性もΣ

 

ぬるめのお湯も結局再度凍る原因になるので
やっぱりおすすめしないです。

 

基本的な方法としては

 

・デフロスターを作動させる

 

・スクレパーでガリガリ剥がしていく

 

・解氷スプレーを使用する

 

このあたりですかね。

 

 

デフロスターの場合
エアコンの吹き出し口を「デフロスター」にして

出勤10分前位に
エンジンをかけておくといいです。

 

その間身支度の準備出来ますし
車内も暖かくなりますし
エンジンも暖気されてなかなか効率的。

 

 

スクレパーで剥がしていく場合は
ブラシとセットになっている事が多く

あんまりやると傷がつくんじゃない?
と思ってる人が多いかと思いますけど

その場合プラスチック製の
スクレパーを使用すれば

フロントガラスよりも素材が柔らかいので
傷つく心配は無用です。

 

 

そして解氷スプレーを使用していく場合は
こんな感じのウォッシャー液を使用します。

20151111-02

⇒⇒⇒古河薬品 解氷スプレー トリガー500 KYK 22-040

凍結している箇所にこの解氷スプレーをかけて
ある程度溶けてきたらワイパーを動かせば
簡単にガラスの氷を除去していけます。

 

特に高くもないですし簡単に除去できるので
こちらの方法もおすすめですね。


「Sponsored link」

車のフロントガラスの凍結防止対策など

そして上記のような
作業をしなくてもいいようにするには

そもそもフロントガラスの凍結自体を
防止すればいい話になります。

 

一番簡単なのはガレージ、屋根の下などに
車を置いておくことですが

屋外に駐車している人には
どうしようもない話。

 

その場合フロントガラスを覆うタイプの
「フロントサイドカバー」
使用すれなOKです。

 

サイズによって若干お値段変わってきますけど
だいた2000円前後位で購入できるでしょう。

購入する場合はフックタイプの方がおすすめです。

吸盤タイプは剥がれやすい場合も
そこそこ多いみたいなので。

 

 

あとフロントガラスの表面に
「撥水剤(はっすいざい)」

を塗っておくことも立派な予防策になります。

 

この場合スノースクレーパーを使用すると
簡単にきれいに氷を取り除く事が可能です。

まあ元々は水なわけですから
撥水剤効果でガラス表面に
つきにくくなっている事を考えると納得ですね。

 

あと、屋外駐車の場合はきちんと
ワイパーを立てておく事も重要ですね。
張り付いてしまいますから;;

冷え込みがきつい地域は
ワイパーは冬用に、ウォッシャー液も
不凍液にしておくことをおすすめしますよ。

 

今回のまとめ

はい、今回はフロントガラスが
なぜ凍ってしまうのか、その原因についてや

フロントガラスが凍っている場合の
解決、防止方法などについて
まとめていきました。

 

もう一度書いておきますけど
お湯を使用するのはNGですからね。

 

お湯が水になってまた凍って危険ですし
凍った氷をワイパーが端に寄せて

視界も狭くなるので
運転の邪魔に・・というか危険ですから;

 

いざという時のために
冬の時期には解氷スプレーを
車内に常備しておくと安心です。

ではでは、今回の内容は以上になります。

また次回にお会いしましょー。


「Sponsored link」



ピックアップ関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ