おみくじの順番に平吉の意味!凶の割合に何度も引くのはいいの?

公開日:2015年11月28日

[おみくじ, お正月, 占い・スピリチュアル, 各季節のイベント, 生活の雑学・トリビア, 生活・ライフスタイル, 趣味・娯楽]

 

こんにちは、管理人のコタローです。

 

さて、年が明けて
「あけましておめでとうございます」とお祝いし

多くの人が行うイベントとなると
「初詣」なんじゃないかなと思います。

 

神社やお寺などで参拝し
破魔矢にお守りなどを買った後は

「おみくじ」引いたりする人も
多いんじゃないでしょうか。

自分やはり運試しに引いてしまいますね。

 

しかしおみくじの運がいい順番って
たまによくわからなくなる時って
ありませんか?

小吉とか末吉とか・・あとちょっと
聞き慣れないところになると
平吉とかですかね。


「Sponsored link」

今回はそうしたおみくじについての順番や
凶の割合に何度も引いていいものなのか。

おみくじについての
雑学知識をまとめていきたいと思います。

それでは今日もいってみましょー。

 

おみくじの順番に平吉の意味!凶の割合に何度も引くのはいいの?

おみくじの「吉」と「凶」の順番について

さて、まず最初におみくじの
「吉」と「凶」の順番について
確認しておきましょうか。

 

基本的なおみくじの吉凶の順番となりますと

・大吉

・吉

・中吉

・小吉

・末吉

・凶

・大凶

と、こんな感じになっているかと思います。

 

そして更に細かく分けていきますと
以下のような順番になります。

・大吉

・吉

・中吉

・小吉

・半吉

・末吉

・末小吉

・平(平吉)

・凶

・小凶

・中凶

・末凶

・大凶

と、こんな具合です。

 

なんというか「吉」って
大吉の次に良い運勢だったんですね。

てっきり中吉が2番目だと思っていました。

 

こうして改めて見てみないと
おみくじの順番間違えそうですけど

しかしなにやら見慣れない「平吉」
とかいうのがありますが

この「平」ってなんなんですかね?
自分今回調べていて初めて
知ったんですけど・・

 

おみくじの「平」の読み方に意味は?

うちの近くの神社には
この「平」を扱ったおみくじないんですけど

 

・厳島神社

・下鴨神社

・石清水八幡宮

・氷川神社

 

などにはこの「平」を扱っているとか。

 

場所によって読み方変わるそうで
基本「たいら」と読み
「ひら」と読むこともあるそうです。

 

意味合いとしては

「波風を立てず穏やかなな状態
 つまり、吉でも凶でもない至って普通な様子」

を意味するとの事。

 

扱いの方は吉凶の
真ん中あたりというのが基本みたいですが

凶がないところだと実質最下位な扱いだったり

石清水八幡宮の「平」は大吉扱いだそうです。


「Sponsored link」

おみくじで凶が出る割合と考え方

凶が出る確率や割合については
諸説色々あるそうですけど

おみくじを作る会社に発注をかける時に
大吉や凶の割合を決めて
依頼する事ができるそうで

正月の時期だと大吉の割合を
多くしているそうですね。

 

正月の時期にはやっぱり
大吉とか良い運勢をひいて
スタートをきりたいでしょうから

大吉の割合多くするところ多いみたいですよ。

20151125-01

ちなみにこれは有名かもですが
浅草寺の凶の出てくる確率は約30%!!w

 

以前浅草寺でおみくじ引いた時に
自分「大凶」だったんですけど

自分の後に引いた友達連れ・・でしたかね。。
その人達が全員「凶」とかいう事になっていて

 

「いやだ~みんな凶じゃん!w」

 

みたいな事言いあっていたの覚えてます。

 

そんなに凶を引かせたいのかな?と思いつつ
「凶」のあり方についても調べてみたところ・・

 

凶のあり方と意味について

一般的に「凶」というのは
最悪な運勢という事で

引いてしまうとなんだか
憂鬱な気分になってしまいますけど

これは考えようによっては今が最悪なら
これからは運気が上昇していくという
考え方にもなります。

 

最低最悪で今が底辺な状況なら
これ以上下がりようがないので
あとは上がっていくしかないわけです。

 

同じような意味で冬至の時期の

「一陽来復(いちようらいふく)」

の考え方がありますけど

こっちについては
冬至に関する記事にまとめてますので

気になったらこちらも見てみてください~。

⇒⇒⇒冬至で「ん」の付く食べ物の由来!かぼちゃゆず湯の意味は?

 

そして大吉の場合は今が最高の状態という事は
今後は運気が下降していく可能性が高いので

今後の行動に気をつけ戒める必要が
あるという警告を表しているという
意味もあるといいます。

 

そうなってくるとあながち大凶を引くというのも
ポジティブな捉え方出来てきますよね。

浅草寺に凶のおみくじが多いのも
これから良い事起こりますよという
メッセージなのかもしれません。

 

おみくじを何度も引くのはいいの?

そうはいってもやっぱり
今が良い運勢の方が気分的には
いいなーという方。

おみくじを何度も引くのはいいのか
気になりませんかね。

 

基本的に、おみくじについては
何度引いても別に問題はないとされてます。

 

1回だけ引くというのもそもそも
人が決めたルールに過ぎませんし

おみくじ何回も引いたから
バチが当たったとか聞いたことないです。

 

なので、引きたい場合は
大吉出るまで引くのは構わないと思いますが

そこで大吉を引いて中に
良い事が書かれていても

日々生活して努力していくのは
他ならぬあなた自身ですから

 

結局のところはおみくじに書かれた内容に
思い当たる節があったら

改善できるよう努力していく事が
大事だと思います。

 

今回のまとめ

はい、今回はおみくじの順番に平吉の意味
それと凶の割合、何度もひくのは良いのか?
その辺りまとめていきました。

 

平吉というものがあったり
凶についての考え方を新たに知れたりと

おみくじなかなか奥が深かったんですね~。

 

初詣でおみくじを引いて凶が出てきた時は
これから運気が上がっていくんだという

ポジティブな考え方をして
新しい一年間を乗り切っていきたいものです。

 

ではでは、今回のおみくじの
順番などについての内容は以上になります。
また次回にお会いしましょー。


「Sponsored link」


ピックアップ関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ