縮んだニットにセーターを元に戻す!トリートメントで元通り?

公開日:2015年12月1日

[家事, 洗濯, 洗濯のトラブル対処, 生活の雑学・トリビア, 生活・ライフスタイル, 縮んだ洗濯物を元に戻す]

 

こんにちは、管理人のコタローです。

 

冬の時期には大活躍する
ニットやセーターですけど

このニットにセーターって
うっかり他の衣類と同じように
洗濯してしまいますと縮んでしまうんですよね;

 

強くこすらずに手もみ洗いするのが
縮まないようにする洗い方ですけど・・

うっかり洗ってしまったニットやセーターって
もう元には戻らないんでしょうか?

 

いや、そんな事はありません。

 

とある成分が含まれた
トリートメントを使用することで

縮んだニットにセーターも元通りになるとの事。


「Sponsored link」

今回はそうした縮んだニットに
セーターを元に戻す方法について
見ていきたいと思います。

ではでは、早速見ていってみましょー。

 

縮んだニットにセーターを元に戻す!トリートメントで元通り?

縮んだニットにセーターはトリートメントで元に戻る?

さて、縮んだセーターに
ニット元に戻す方法なんですけど

多分どの家庭にもあると思われる
「トリートメント」が必要になります。

 

でもどのトリートメントでも
良いというわけではなく

「アモジメチコン」という成分が
入っているものを使用しましょう。

 

やり方ですけど

 

・洗面器などに水を入れて
 アモジメチコンの成分が入っている
 トリートメントを約15g入れて溶かします。

 

・次に縮んだセーター、ニットを約30分程浸けて
 洗濯機で1分弱程度脱水していきます。

 

・あとは型崩れしないように
 シワを伸ばして、陰干ししていけばOK

 

縮み具合がひどい場合は重しを
ニット、セーターの下につけて
干してみましょう。

 

この方法を用いる場合ですけど
セーター、ニットの素材が

 

・ウール ・カシミヤ ・アンゴラ

などの動物の毛を
使っているものに効果的との事です。

 

ポリエステル、合成繊維の場合には
戻る確率が減ってしまうので
その点はご了承ください。

 

ニットやセーターの素材が合成繊維の場合は?

ニットにセーターが合成繊維の場合ですけど

 

・まずアイロン台に乗せた
 セーターの片側を固定します。

 まち針か何か重い物で固定するか
 誰かに押さえてもらうなどしましょう。

 

・次にしっかり当て布をしてから
 セーターを伸ばしつつ

 スチームを1cm程浮かせた状態で
 かけていきます。

 毛糸をアイロンで潰さず
 蒸気を当てていきゆっくり伸ばしていくのが
 ポイントですね。

 

こちらにアイロンを使って
セーターの袖口を伸ばしていく動画が
ありましたので

そちら参考にしてみるのもいいかもです。

⇒⇒⇒伸びてしまったセーターの袖口【動画】

 

ニットやセーターの素材が綿に麻の場合は?

・洗面器にセーターがしっかり浸かる程度の
 ぬるま湯と柔軟剤を入れて

 

・セーター、ニットなどをを浸したら
 ちょっとずつセーター、ニットを
 手で伸ばしていき

 

・脱水して型崩れしないよう陰干しします。

 

・あとは合成繊維と同じようなやり方で
 アイロンのスチームを当てて
 徐々に伸ばしていきましょう。


ただ残念ながら縮んでしまった
セーター、ニットの場合

 

動物の毛、合成繊維、綿に麻

 

の順番で元に戻りやすいとの事で
綿や麻の素材ほど元に戻りにくいとの事。

 

そのため、セーター、ニットを
縮まないようにするには

予め縮みやすいか元に戻る素材なのかを
ちゃんと確認しておきたいところですね。


「Sponsored link」

ちなみにアモジメチコンという成分って何なの?

アモジメチコンとは
「アミノ変性シリコーン」というそうで

毛髪をしっとりさせる効果があり
主にコンディショナーなどに
含まれている成分です。

 

そして動物の毛の類は
髪の毛のキューティクルと近い性質があるので

毛糸の絡みが取れて
元に戻りやすいというわけなんですね。

 

ちなみに「ジメチコン」入りの
トリートメントでも同じような効果は
期待できるようですよ。

 

 

アモジメチコン入りのトリートメントなどは
こちらの商品など参考にしてみては
いかがでしょうか。

20151130-03

⇒⇒⇒デミ ユント ヘアトリートメント3 200g

 

20151130-04

⇒⇒⇒ボタニカル シャンプー490ml/ボタニカル トリートメント490g

 

今回のまとめ

はい、今回は縮んだニットに
セーターの元の戻し方について
まとめていきました。

 

元に戻す可能性が高いのは
ウール、カシミヤなど動物の毛を
使っているものに限るという事なので

洗濯していく場合はやはり素材に
気をつけていきたい所です。

 

あとウールとナイロンを混ぜ込んで
ウールの方が比率高いセーターなども
あると思うので

そういった場合は先に
トリートメントの方法を試していき

戻りがイマイチ悪い場合は
アイロンなど他の方法も試していってください。

 

ではでは、今回の縮んだニット
セーターの元に戻す方法については
以上になります。

また次回にお会いしましょう。


「Sponsored link」


ピックアップ関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ