アロンアルファの取り方は?指や服や金属に机などの剥がし方

公開日:2015年12月10日

[アロンアルファ・接着剤, 家事, 掃除, 汚れ別, 生活の雑学・トリビア, 生活・ライフスタイル]

 

こんにちは、管理人のコタローです。

 

日常生活で色々瞬間的に
くっつける事のできる「アロンアルファ」

 

壊れたものを
修理する時などなかなか重宝しますけど

ふいにて手や指ひひっついた場合
ちょっと焦ってしまいますよね。

 

そういった時、どうしようどうしようと
慌ててしまいますけど

そんな時こそ慌てずに
適切な対処をすることが大切です。


「Sponsored link」

今回はそうしたアロンアルファの取り方について
指や衣服、金属に机などについた時の
剥がし方など見ていきたいと思います。

では早速見ていってみましょー。

 

アロンアルファの取り方は?指や服や金属に机などの剥がし方

アロンアルファが手、指についた時

多分アロンアルファを使う時に
最も多いトラブルはこれだと思います。

 

ふいに指にひっついて取れなくなると
とにもかくにも焦ってしまいますよね。

しかしちゃんと対処方法あるので
そこは安心してください。

 

除光液を使用する

マニキュアを溶かす時に使用する「除光液」
この除光液に含まれている

「アセトン」

という成分がアロンアルファの成分を
溶かしてくれます。

 

除光液なら多分
最も身近にあるものだと思いますし

ホームセンターや100均ショップにもあるので
すぐに買うことができますね。

 

専用の瞬間接着剤のはがす液を使用する

なんと「瞬間接着剤専用のはがし液」

なんてものも世間では出回っています。

 

こちらもホームセンターなどに売っており
いざという時に役立ちますので
安心できますよ。

 

40℃以上のお湯につける

40℃以上で火傷しない程度の
熱さのお湯に手、指を浸けて

しばしなじませてからゆっくり
揉みほぐすように取っていきます。

 

うまく取れない場合は軽石なども使って
こするように取っていけば
剥がれ落ちていきますよ。


それぞれ微妙に残った硬化物は
皮膚の新陳代謝によって数日のうちに
自然に取れていきますので

だいたい取れたら
様子を見ておくといいでしょう。

1209-01

ちなみにアロンアルファを使用する時は
ハンドクリームなどを塗ってから使用すると

手の表面にクリームの膜が出来るので
手につきにくくなります。

 

更に心配な場合は使い捨ての
ビニール手袋使用するとより安全ですね。

 

アロンアルファが衣服などについた場合

服にアロンアルファがくっついた場合
対処が非常に面倒なことになることを
先にお伝えしておきます。

 

どういう状況かによりますけど
大量のアロンアルファが衣類や布地に染みこみ

それを素人がどうにかしようとすると
色落ちにゴムが伸びたりで

とにかく衣服がダメな状態に
なる可能性が高いです。

 

なのでなるべくどうでも良い衣服で
試してから本番に臨む事をおすすめしておきます

 

アセトンの原液をそのまま使用する

最初に書いておきますが

方法を試す場合は自己責任にて
よろしくお願いします。

 

さきほど除光液にも含まれていると書きました
「アセトン」の成分。

衣服の場合はこの原液を
そのまま使用していきます。

 

あとは

 

・有機溶剤用のマスク

・ポリエチレンの手袋

・大量のガーゼ

 

このあたりを用意して
窓を開けるなどして換気をしっかり
良くしてから作業を始めましょう。

 

 

やり方ですけど
アロンアルファがついた場所の下にに

ガーゼを何枚か重ねます。

 

更にその上からアセトンを
染み込ませたガーゼを使い
アロンアルファを溶かしていき

下のガーゼに溶かしたアロンアルファを
染み込ませていくというわけです。

 

あとはアロンアルファの成分が溶けきるまで
ガーゼを取り替えて作業を続けていきます。

 

この方法の場合、衣服によっては
色落ち、ゴムが伸びたりなどちょっと
残念な状態になりやすいので

心配な場合はプロに
お任せした方が安全かなと思います。

 

クリーニング屋にお任せ

衣服や布地にアロンアルファなどが
ひっついた場合は素直に専門の業者に
任せるのが一番です。

 

まずはちゃんとクリーニング店の人に
状況を話して、どれくらいきちんと
アロンアルファが取れるのかどうか

確認しておきましょう。

 

もしくはアイロンの熱で溶かして取る

最初に紹介した方法に似ていますが

 

・アイロン

・クッキンペーパー、ガーゼ

 

このあたりを用意しまして

アロンアルファが付着した部分の下側に
まずガーゼを敷きまして

更にアロンアルファがくっついた部分の上に
クッキンペーパーを挟み込み
アイロンを当てて溶かしていきます。

 

あとはクッキンペーパー、ガーゼを交換しながら
アロンアルファが溶けて取れるまで

根気良く作業を続けていきます。

 

完璧に全部取るのは難しいものの
だいたいのアロンアルファは取れるので
方法としては比較的お手軽です。

しかしやはり業者に
任せる事をおすすめしますね。

 

アロンアルファが金属にくっついた場合

この場合も専用の「アロンアルファはがし隊」
などの剥離剤を使用すると良いでしょう。

100均にもありますが
接着剤メーカーで扱っている物の方が
性能的には優れています。

 

白くなってしまった箇所は
耐水ペーパーで削って

コンパウンドなどを塗りこみ
目立たなくする事はできます。


「Sponsored link」

アロンアルファが机などにくっついた場合

専用の剥がし液を使用する

この場合も「アロンアルファはがし隊」
活躍してくれるかと思います。

 

アロンアルファがくっついた場所に
剥がし液を塗りこみ

数分ほど待って溶けるのを待ちましょう。

あとは使い捨ての布などでゆっくりと
拭き取ればOKです。

 

1度で取れなかった時は複数回繰り返して
徐々に取っていくといいですね。

 

机の表面が樹脂などで
コーティングされている場合

溶解して剥げてしまう場合もあるので
使用する前には角っこなどの

目立たない部分で試してから
本番に臨むといいです。

 

ちなみに剥がし液などを使用する場合も
ちゃんと部屋の換気をしっかりしてから
作業を行うようにしてください。

 

今回のまとめ

はい、今回はアロンアルファの
手や指、衣服に金属に机などなどに

くっついた場合の取り方剥がし方について
まとめていきました。

 

アロンアルファがひっついてしまった場合は
とにもかくにも慌てずに無理に
取ろうとしない事が大切です。

特に手や指の場合ですね。

 

焦って無理やり剥がそうとすると
皮膚を傷つけてしまうので

その点だけ用心してください。

 

ではでは、今回の
アロンアルファの取り方については
以上になります。

またお会いしましょ~。


「Sponsored link」


ピックアップ関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ