プロペトとワセリンの違いに副作用は?赤ちゃんの顔に塗ると危険?

公開日:2016年2月4日

[○○の違い, お世話の基本, スキンケア, 生活の雑学・トリビア, 生活・ライフスタイル, 育児・教育, 言葉・用語の使い方]

どうもこんにちは、管理人のコタローです。

 

ワセリン系保湿剤の中でも
小児科や皮膚科などで処方されることの
多いと思われる「プロペト」

 

冬の時期などは乾燥した肌を保護するためにも

このプロペトクリームを塗って
肌や顔を保湿する・・といった感じに
使う人も多いかと思います。

 

乾燥肌の赤ちゃんにも使えるとのことですが
赤ちゃんの顔に塗るのは危険だよ

という話も聞いたりするので
副作用とかないのかちょっと心配になったり。


「Sponsored link」

今回はそうしたプロペトとワセリンの違いや
副作用などあるのか?

そのあたり見ていこうと思います。

ではでは早速見ていってみましょー。

 

プロペトとワセリンの違いに副作用は?赤ちゃんの顔に塗ると危険?

ひとまずプロペトとワセリンの違いって何?

さて、まずワセリンについて
説明していきますけど

ワセリンとは原料がなんと石油だそうで

 

石油を蒸留した時にできる
ワックス成分を混合して

更に余計な不純物を取り除いたものが
ワセリンとなります。

 

ただ不純物を取り除いているものの
ワセリンの場合はどうしても少量の不純物が残り

残った硫黄の成分などにアトピーの人が
反応してしまうこともあるとか。

 

そのためアトピーやアレルギー体質の人の場合
ワセリンだと肌に合わない可能性もあります。


そして次にプロペトですけど
これは基本的にはワセリンと同じものです。

 

違いがあるとすれば精製度の関係で
ワセリンよりも更に不純物を取り除いたもので
精製度が高いものを指します。

不純物が少ない関係から眼科などで処方される
軟膏の基材として用いられるようですね。

20160203-02

つまりはプロペトの場合は目に入れても
問題がないくらいに不純物が
少ないという事になります。

 

ちなみにワセリンもプロペトも
保険が適用されるため

病院に行くことで処方され
個人での購入もできます。


さらについでに書いておきますと
プロペトを更に高純度にした「サンホワイト」
というものがあって

そっちはワセリン系クリームの中でも
最高品質を誇ります。

 

まあプロペトとサンホワイトの純度は
そんなに違いはないんじゃ・・という
意見も聞きますけどね。

 

ただ、サンホワイトの場合は保険適用外なため
ワセリン、プロペトなどと比べると
値段の方が高くなってしまうとの事。

 

まあまとめておきますとクリームの系列は
同じだけど不純物の量などに違いがあると
そんなところですかね。

 

ワセリンやプロペトを使用する場面としては

基本的にワセリンやプロペトを
使用する場面としては保湿剤としての
使い方ですね。

特に冬場の乾燥肌の保湿目的に
使うことが多いでしょう。

 

肌が乾燥してしまうと
そこから痒みが引き起こされて
その部分を掻きむしり更に痒く掻きむしり・・

 

大人の場合はある程度我慢して
やり過ごす事も出来るでしょうが

赤ちゃんなどの場合は悪化する事なんて
分かりませんからとにかく掻いて
悪化させてしまいます。

 

そのため肌の乾燥対策にはワセリン
プロペトなどのクリームが
相性いいというわけです。

 

 

ただ、ワセリン系クリームの場合
保湿成分が油分のみでその他の栄養成分を
含んでいるわけではありません。

 

なので塗る時は霧吹きでシュッっと
ひと吹き水分を与えるとか

乳液などでしっかり保湿した後で
プロペトなどのクリームを塗って
蓋をするようにしていくといいでしょう。

 

プロペトを赤ちゃんの顔に塗ると危険?副作用はないの?

さて、そうなってきますと
タイトルにも書きました

 

「プロペトを赤ちゃんの顔に塗ると危険?」

 

という話ですけど

 

プロペトはワセリンよりも
更に純度の高い不純物を取り除いた

保湿クリームなので副作用は
ほぼないといっていいかと思います。

 

なんとなく原料が石油なので
妙に危ないイメージが先行するかと思いますけど

現在では厳しい基準値をクリアして
皮膚科や薬局などで扱っているので
心配する必要はないといえるでしょう。

 

 

ただ、本当ごくまれに副作用の症状として

 

・赤み

・かぶれ

・色素沈着

 

などの症状が出る事もあるそうなので
あらかじめパッチテストとして

本の少量肌に塗ってプロペトや
ワセリンなどが問題ないか
確認しておきましょう。

 

あ、それと顔にニキビがある場合
塗らない方が懸命です。

 

ニキビって要するに毛穴が詰まって
皮脂の分泌によって油分の塊が
出来てしまう状態なので

そこに更に油分そのものである
プロペトなどを塗ってしまうと
逆効果になってしまうわけですね。


「Sponsored link」

プロペトを塗る上で気をつけるポイント

こうした副作用が少ない
プロペトのクリームですけど

使用する上で十分注意しないと
いけないポイントがあります。

 

それは

 

・プロペトを塗った状態で
 長時間紫外線に当てる

 

・アトピー持ちの赤ちゃんの場合
 入浴後すぐにプロペトを塗らない

 

さきほども書きましたように
プロペトの原料は石油なので

あまり長時間日光などの紫外線に当ててると
肌が日に焼けやすくなって

色素沈着してしまう恐れが
出てくるからなんですね。

 

まあこの場合はプロペトを薄く塗ったその上に
日焼け止めクリームなどを塗れば
ひとまず安心です。

 

 

あと、アトピー持ちの赤ちゃんの場合は
入浴後にすぐプロペトクリームを塗ってしまうと

体の熱が放射されずこもってしまうので
その熱で痒みを強く感じてしまう状態に
なりやすくなります。

 

そのため、アトピー持ちの赤ちゃんの場合は
入浴後すぐのプロペトクリームは
控えるようにしておきましょう。

 

今回のまとめ

はい、今回は保湿剤のプロペトや
ワセリンの違いに副作用はあるのかどうか。

あと赤ちゃんの顔に塗ると
危険なのか?そのあたり見ていきました。

 

赤ちゃんの肌って
ぷにぷにしていて気持ちいい反面

とってもデリケートなので
保湿などには気を使うと思います。

 

基本副作用はほぼないプロペトですが
今回書きました内容に気をつけて

プロペトのクリームを
使用するようにしてください。

冬場のみならず夏場のエアコンの
風から来る乾燥にも使えますよ。

 

ではでは、プロペトとワセリンの違い
副作用などについての内容は以上です。

また次回によろしくお願いします。


「Sponsored link」


ピックアップ関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ