夏フェス野外フェスの女性の服装コーデにレディースファッション!

公開日:
[レディースファッション]

 

どうも~こんにちは、管理人のコタローです。

 

梅雨の時期が開けて
本格的な夏のシーズン到来となると

やってくるのが
毎年開催される夏フェスや野外フェス!

 

大好きなバンドの曲を屋外で
大人数、大音量で聞いていけば
否がおうにも気分が高まるというものです。

 

 

人によってはこの夏フェスや野外フェス
初めてという方もいると思いますけど

女性の人の場合初参戦ともなれな
どういった服装コーデにすればいいのか

なかなかどうして気になるところ。

 

特に何も考えずに都内のライブを
見る気分で服装を決めてしまうと

いざライブ会場に着いて
色々と後悔する事になるかも?


「Sponsored link」

そこで今回は夏フェスや野外フェスでの
女性の服装コーデに

かわいいレディースファッションについて
見ていきたいと思います。

 

ではでは、早速いってみましょー。

 

夏フェス野外フェスの女性の服装コーデにレディースファッション!

夏フェスや野外フェス、女性の服装コーデのポイントは?

ひとまず夏フェスを最大限楽しむためには
服装が結構重要になってきますね。

フェス会場は屋外なので
どうしても太陽の光が降り注いで
ものすごく汗をかくでしょうし

場合によっては雨も降ってきたりもします。

 

そうなってきますと
化粧や外見上のおしゃれを優先した
服装コーデでは

会場で対応がかなり面倒な事に。

 

なのでおしゃれはあくまでも最低限にして

汗の対策や暑さ対策、動きやすさなど
機能性を重視した格好の方がいいでしょう。

 

頭から足元まで各種の服装についてチェック

帽子

まずは頭の帽子から。

 

普段は帽子ってあんまり被らないかも
といった人も多いかと思うんですけど

夏フェス野外フェスの場合はあった方が
何かと便利ですね。

 

頭にタオル乗せて
フェスで盛り上がるっていうのも
ある意味ワイルドですけど

なんかおじさんっぽく
見えてしまいますし(苦笑

 

紫外線対策と熱中症対策できて
外見のおしゃれも帽子を被る事で
ある程度可能なので

用意しておくといいでしょう。

 

だいたい↓みたいな帽子が
ちょうどおすすめです。


20160501-01

⇒⇒⇒フェニックス(phenix) パステル クラフト レイン ハット

透湿防水性を兼ね備えた
フルシームシーリングの防水ハットです。

 

ドローコードでサイズ調整できて
裏側には吸汗速乾の滑り止めもついているので
夏の季節にはおすすめな帽子。

フラワーのテキスタイルも
女の子っぽい印象を与えてくれるでしょう。


20160501-02

⇒⇒⇒columbia (コロンビア)レインボーリフトブーニー

強い日差しもカット出来る
コットン100%の帽子で

こちらも汗止めの部分は
吸汗速乾の素材を使用しています。

 

背面のドローコードで
調節できるところも嬉しいポイントですね。

 

上半身の服装

上半身の服装としては動きやすい
「Tシャツやポロシャツ」などが
一番良い選択でしょう。

 

汗や不意の雨に降られて
どっちにしても汚れてしまうので

汚れても大丈夫ないつも
着慣れているものがいいかと思います。

 

もしくは好きなアーティストや
バンドのTシャツとか着るのも
気分が上がっていいかもですね。

 

 

ブラウスやマキシワンピなどの服装は
汚れてしまったり

ワンピースのスカート部分が踏まれて
邪魔になったりする関係から
おすすめは出来ませんね。。

 

汚れることも想定してあらかじめ
帰りの分のシャツも用意しておくと
安心できるでしょう。


「Sponsored link」

ズボンにショートパンツなど

フェス会場はとにかく暑くなりますので

この場合はショートパンツ
通気性に優れたレギンスなどが
おすすめですかね。

 

デニムやジーンズ系の
長いズボン類でも良いといえばいいですが

長いズボンですと暑くなって汗をかくので
足にズボンが張り付いて
気持ち悪い思いするかも。

 

特に女性の方の場合ですと
トイレの時にズボン脱ぐのが
大変になってしまいます。

 

 

ちなみにスカート系やミニスカートなどは
やめておいた方がいいですよ。

 

外見的にはかわいくて
アクティブに見えない事もないですけど

食事を取る時とか、アーティストの
待ち時間によっては座らないと
いけない場面も出てきますので

そういった時スカート系ですと
非常に面倒な事になります。

 

靴類について

夏フェス野外フェスの時には
スニーカーなどの動きやすい靴が
ベストでしょう。

屋外で結構動きまわると思いますので
ヒール系は絶対にNGです。

 

履きなれていたとしても
サンダルやパンプスなども
ちょっと危険ですね。

 

ただ、泊まりがけで夏フェスに
参加する場合などは

スニーカーに加えてサンダル
パンプスなどを持っていくのも
良いかと思います。

 

夜とか通気性の良いサンダルに履き替えて
まったりしたいでしょうからね。

↓みたいな防水性のスニーカーですと
色々と便利に立ち回る事ができるでしょう。

20160501-03

⇒⇒⇒スニーカー ハイカット レディース 靴 WILDTREE AK-4002


あと、天気が明らかに
悪くなりそう・・・といった場合には

長靴やレインブーツなども持っていく事を
おすすめしておきますよ。

 

雨と泥でスニーカーが汚れて
そういった状態で長時間いるのも

女性にとってなかなかつらいでしょうからね。

20160501-04

⇒⇒⇒ハンター ブーツ 全13色

 

その他、防寒具やバッグなどあると便利

あと、昼間は暑かったとしても
夜になると気温が下がって
肌寒く感じる会場とかもあると思うので

そういった状況に対応できるように
軽く羽織れるパーカー

ウィンドブレーカーなどあると
便利かと思います。

 

あと大きいバッグは会場では
邪魔になってしまうので

必要最低限のものを持ち歩ける
ウェストバッグやショルダーバッグなど
持って行くと

色々必要なものを入れる事が出来て
便利でしょう。

 

これも防水性のものを選ぶと
不意の雨とかに対応できますよ。

 

今回のまとめ

はい、そんな感じで今回は
夏フェスや野外フェスでの女性服装コーデに

かわいいレディースファッションの
部分について紹介していきました。

 

フェスを最大限楽しむためには
やっぱり服装や装備関連も
大事になってくるかと思いますので

最低限おしゃれにしつつも
機能性をしっかり取り入れた
服装コーデにしていきましょう。

 

どうぞ夏フェス野外フェスを
存分に楽しんで友達と良い思い出を作って
いってみてくださいね。

ではでは、また次回にお越しください~。


「Sponsored link」


ピックアップ関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ