サーキュレーター扇風機の違いに超効果的な使い方!一番の置き場所は?

公開日:
[サーキュレーター, 住まい, 家電, 生活・ライフスタイル]

 

こんにちは、管理人のコタローです。

 

あなたの家にはサーキュレーターと
扇風機どっちを主に使っていますかね。

もしくはどっちも持っているという
家庭もあるでしょう。

 

サーキュレーターと扇風機って
どっちも風を起こす代物なわけですが

この2つそれぞれの目的別に
作られている関係から

その性能には大きな違いがあるといます。

 

サーキュレーターを扇風機の
代用として使うといった人もいるかもですが

それぞれの違いを知っておかないと
後で痛い目を見るかも・・


「Sponsored link」

今回はサーキュレーターと扇風機の違いから
サーキュレーターの超効果的な使い方に

一番効果を発揮する置き場所について
見ていきたいと思います。

 

ではでは、早速いってみましょー。

 

サーキュレーター扇風機の違いに超効果的な使い方!一番の置き場所は?

サーキュレーターと扇風機の違いについて

「サーキュレーター」

最初にサーキュレーターの
特徴について書いておきますと

一般的にサーキュレーターは
「室内の空気循環」を目的として
作られています。

 

空気を十分に循環させるには
それだけ風が強く遠くまで
届く必要があります。

イメージとしては水のシャワーの
ジェット噴射モードのような
イメージでしょうか。

20160705-01

大体の特徴としては

 

・風の進み方は直進

 

・結構遠くまで届く

 

・部屋の温度を均一化するので
 エアコンと相性がよく節電にも繋がる

 

・ただし、風が強いので
 人に直接当てるのは不向き

 

・風量レベルを上げると
 動作音がちょっとうるさいかも

 

こういった特徴が出てきます。

 

こちらにサーキュレーターの
動作音チェックのような
動画紹介しておきますが

静音モードですと割りと静かに感じるものの
風量レベルを上げていくと

結構やかましい印象です。

20160705-03

⇒⇒⇒アイリスオーヤマ製サーキュレーター【動画】

 

就寝時に使う場合は
静音モードのついているもの選ばないと

ちょっと寝る時に使うには
きついかもですね。


「扇風機」

たいして割りとおなじみな扇風機ですが

こちらは直接身体に風を当てることで
涼しさを得ることが目的とされています。

 

風は広範囲に放射されるように
広がっていくので

満遍なく優しい風を送る事に長けていますが

その反面遠くまで風を
届かせることができません。

 

こちらは水のシャワーの
散布モードみたいなイメージですかね。

20160705-05

サーキュレーターがない場合
扇風機をエアコンと併用することで
空気を循環させる事はできなくはないですが

サーキュレーターがあるなら
そっちを使った方が空気循環させていくには
効率がいいでしょう。


「Sponsored link」

サーキュレーターの効果的な使い方について

サーキュレーターの効果的な
使い方を見ていく前に

冷たい空気と暖かい空気の
性質についてはご存知でしょうか。

 

通常、冷房を使うと冷たい空気が出てきて
それらは床の方に溜まっていきます。

暖房を使うと暖かい空気が出てくるので
それらは天井付近に溜まっていきます。

 

冷たい空気は床に、暖かい空気は
天井付近にそれぞれ溜まっていき

放置しておくと暖かい空気は
天井付近をぐるぐる回っているだけの
状態になります。

 

これをかき回していくことで
室内の温度を均一化していこう
ということなのですが

室内の空気を循環させていく場合は

 

「サーキュレーターの角度を上向きにする」

 

「エアコンの真下に設置しておく」

 

こうする事で天井付近の
暖かい空気をかき回しつつ

冷たい空気が循環していくので
室内の空気が均一化されてより
涼しく感じます。


20160705-04

もしくは冷たい空気が
下に溜まっていくなら

その冷たい空気だけ下の方で
循環させていけばいいじゃない

 

という事でサーキュレーターを
横向きにして空気循環させていく方法も

アイリスオオヤマより推奨されていますね。

 

このあたりはどちらの方が涼しく感じたか
人によって体感レベルが異なるかと思うので

実際に試して涼しく感じた方を
採用していくといいでしょう。

 

ついでにサーキュレーターの電気代ってどのくらい?

サーキュレーターを使っていくうえで
気になるのはランニングコストの電気代。

 

ここでは

 

・エアコン(400W)

 

・扇風機(40W)

 

・サーキュレーター(50W)

 

それぞれ1日12時間使用の日額で比較してみます。

それでこちらの電気代の
シミュレータによって算出していきます。

 

比較にはこっちの電気代計算シミュレーター
使ってみました。

⇒⇒⇒電気代計算シミュレーター

 

で、結果を見てみますと・・・

 

・エアコン(400W)・・・124.4円

 

・扇風機(40W)・・・12.4円

 

・サーキュレーター(50W)・・・15.5円

 

日額計算でこんなところですね。

 

 

そしてエアコンと
サーキュレーターなどを併用した場合は

1ヶ月の電気代がだいたい
「半分」ほどに抑える事が出来たという
データもあるので

サーキュレーターの購入代金も
節約代金分で十分に元が取れるでしょう。

 

それにサーキュレーターは
冬のシーズンの暖房効率を高めたり

雨の日の部屋干しの際洗濯物の
速乾性を高めたりと

結構色んな所で活躍してくれるので
1台あって損するという事は
ないかと思います。

 

エアコンと扇風機の電気代について
もうちょっと詳しく書いてますので
こっちの記事も参考にどうぞ~

⇒⇒⇒エアコンと扇風機の電気代を比較!設定温度に併用して省エネ節約!

 

今回のまとめ

はい、そんな感じで今回は

サーキュレーターと扇風機の違いや
サーキュレーターの超効果的な使い方

それと一番効果を発揮する置き場所について
見ていきました。

 

サーキュレーターも
扇風機も一長一短な部分ありますが

空気循環に用いる際はサーキュレーター。

 

直接風に当って涼しく
なりたいといった場合には

扇風機を使用といった具合に
状況に応じて使い分けていくと

 

暑い夏の季節も節約しつつ
乗り切っていく事が出来るのでは
ないでしょうか。


「Sponsored link」

どうぞ参考にしてみてください。

 

では、引き続きエアコンや
扇風機についての雑学知識についても
どうぞご覧になっていってください。

⇒⇒⇒エアコンと扇風機の電気代を比較!設定温度に併用して省エネ節約!

 

⇒⇒⇒エアコンやクーラーを使わない!扇風機で夏を涼しく過ごす方法

 

⇒⇒⇒エアコンと扇風機の電気代を比較!設定温度に併用して省エネ節約!

 

⇒⇒⇒湿度を夏と冬に下げる方法!家電や電気を使わずエコ除湿!

 


ピックアップ関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ