ココナッツオイルの摂りすぎに注意!副作用に1日の摂取量は?

公開日:2015年1月29日

[ココナッツオイル, 健康・医療, 健康管理, 美容の雑学ネタ, 美容・ビューティ, 食べ物や飲み物の効果, 食べ過ぎ・飲み過ぎ, 食事, 食材の雑学ネタ]

どうも、こんにちは~管理人のコタローです。

最近ココナッツオイルの事について
調べて記事にしていますが

ココナッツオイルの美容効果、健康効果の高さや
アンチエイジング効果などなど
更には認知症などにも効果があるとされており

素晴らしい効果効能を持っている事が分かって
姉などに進めたいなと感じている
今日このごろです。

 

日頃の食生活にも手軽に摂取できますし
色んな料理にも応用が効くので
まさに体にいい事満載なオイルで

海外モデルで美のカリスマでもある
ミランダ・カーさんも

ヴァージンココナッツオイルを
愛用しているといいます。

しかしこのココナッツオイル
何かしらの欠点とかないんでしょうかね?


「Sponsored link」

今回取り上げる内容は
ココナッツオイルの「副作用」の
部分についてです。

いいものである以上
悪い部分も知っておきたいというのが
人間ってものでしょうからね~。

ではでは、本日もしばしお付き合いください~

あ、ココナッツオイル関連についての
記事はこちらになります。
どうぞ合わせてご覧ください。

 

⇒⇒⇒ココナッツオイルが認知症予防に効果あり?摂取量やレシピを紹介

 

⇒⇒⇒ココナッツオイルの美容効能!効果的な取り方に食べ方は?

 

⇒⇒⇒ココナッツオイルの肌や髪の効果効能!使い方はどうすればいい?

 

ココナッツオイルに副作用はあるの?

ココナッツオイルですが
ココナッツの中の白い部分を削り取り

ココナッツミルクを絞り出して
それを煮込んでいって作ります。

製法の過程上余計なものを
加えたりしていないので本当天然成分
そのままなんですね。

こちらのサイトに作り方のっていました。

 

⇒⇒⇒バージンココナッツオイルの作り方

 

オイルの抽出に化学溶剤を
使用するものもあるようですが

ココナッツオイルに関してはそれが一切ないので
基本体に悪い成分がないということです。

 

 

ココナッツオイルの関連記事でも
ちょろっと書きましたけど
ココナッツオイルに含まれている

「ラウリン酸」

という成分は母乳にも含まれている成分であり
免疫力の強化や抗菌作用をもちます。

 

その抗菌作用のおかげか
常温でも2年間はもちます。

母乳と同じ成分を含んでいるともなれば
子供から大人まで安心して摂取したり
塗ったりしても安心というのは納得ですよね。

 

20140128-07

唯一気になる点があるとすれば
アレルギーの部分ですかね。

 

ココナッツほどではないにせよ
ココナッツオイルに対してアレルギー反応が
出る人はいるにはいるようです。

かなり稀なケースのようですが・・・

 

アレルギー症状としては

「腕、太ももなどに湿疹」

「下痢の症状が出る」

 

あといきなり過剰に摂取したり
摂取したココナッツオイル自体が体に
合っていなかったりすると

体内のイースト菌はココナッツオイルの
成分によって死滅してしまう事もあるそうで

 

「食欲不振」「頭痛」
「めまい」「吐き気」

 

これらの症状が出る事が確認されているようです。

 

そのためココナッツオイルを摂取する際はひとまず
少量から徐々に体に慣らしていくイメージで
使用していったほうがいいでしょう。


「Sponsored link」

1日に摂取する適量について

だとしたらココナッツオイルは
1日にどの程度摂取するのが望ましいのか?
そのあたり疑問ですよね。

 

健康維持や美容目的で摂取する場合
1日に大さじ2杯程度(大さじ2杯=約30ml

このあたりが適量とされているみたいです。

 

大さじ2杯程度なら
朝のコーヒーとか紅茶に1杯

夜の料理とか食後のコーヒー
紅茶などに1杯とかで事足りそうですよね。

 

ココナッツオイル自体かなり応用性ありますし
使いづらい・・ということはないかと思います。

 

ココナッツオイルに欠点はないのか?

副作用がないにしても
いい事だらけなココナッツ。

他に何かしらの欠点はないんでしょうか?

 

 

まず「オイル」だけど
カロリーは高くないのか?という点。

 

100gに含まれるカロリーは920キロカロリー
結構高めなイメージがあります。

ココナッツオイルには飽和脂肪酸も含まれており
この飽和脂肪酸、ラードやバターと
同じ成分なんですよね。

 

ラードやバターの場合過剰に摂取すると
肥満、動脈硬化などの原因にもつながります。

しかしココナッツオイルの場合は脂肪を
すぐにエネルギーに変換し吸収、分解するので

 

脂肪のつきにくい体作りの
手伝いをしてくれるんです。

つまり体に蓄積されにくいため
肥満や動脈硬化などの心配がないんですね。

 

結局のところ、欠点らしい
欠点がないという結果になりました。

まあある意味でなかなかすごい
オイルなんじゃないでしょうか?

 

さて、記事の最初でミランダ・カーさんが
ヴァージンココナッツオイルを
愛用していると

ちょろっと書きましたが
ココナッツオイルのブームの火付け役に
なったのもミランダ・カーさん
だったといいます。

そのミランダ・カーさんも
愛用しているヴァージンココナッツオイル。

その成分をたっぷり含んだ

「ヴァージンココナッツオイル・VCOサプリ」

という商品について紹介しておきます。

 

もしもあなたが

・肌荒れの状態が続いている

・便秘続きですっきしない

・ダイエットが成功しない

・毎日元気で若々しくありたい

これらの悩みを抱えているとしたら
是非商品の体験談の方ご覧に
なって欲しいです。

 

きっとあなたの悩みの解決に
つながるかと思いますので。

 

今なら初回限定の
割引価格で手に入るようなので

興味ありましたら
どうぞ体験談の方を今すぐご覧くださいませ。

20150517-23

⇒⇒⇒ヴァージンココナッツオイル・VCOサプリの効果について

 

今回のまとめです

1日の摂取量を大幅に
超えなければ体に害はないですし

毎日適量を取り込んでいくことで
美容効果、アンチエイジング
認知症予防、健康維持など体に良い効果が
目白押しです。

 

使用していく場合は
ヴァージンココナッツオイルから始めると
続けやすいので是非おすすめしたいですね。

 

是非検討してみてください~。

ではでは今回はこのあたりで、失礼します。


「Sponsored link」

引き続き、ココナッツオイルについての
メニューはいかがでしょうか?

ココナッツオイルの効果効能について
詳しく書いています。

⇒⇒⇒ココナッツオイルが認知症予防に効果あり?摂取量やレシピを紹介

 

⇒⇒⇒ココナッツオイルの美容効能!効果的な取り方に食べ方は?

 

⇒⇒⇒ココナッツオイルの肌や髪の効果効能!使い方はどうすればいい?

 

あと2P目は
「ヴァージンココナッツオイル・VCOサプリ」の
実際試した内容を書いています。

気になる方はどうぞご覧ください。

 


ページ: 1 2

ピックアップ関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ